2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草観光

今日は、定時に上がれたので、帰りに浅草観光してきました。

本当は東本願寺で開かれている「隅田川新名所物語展」を観に行ったのですが、
さすがに6時では終わってしまったようでした。

HPで調べても終了時間がよくわからなかったので、駄目かなあと思いながら向かったのですが、
このまま帰るのもなんとなく寂しいので、せっかくだし雷門まで行くことにしました。

浅草をちゃんと観光したのは、中学一年のときの校外学習以来です。
浅草で会社の飲み会ということもありましたが
素通りするだけだったので、実質10年振りの浅草観光です。

まさか10年後に近くの会社に就職し、
会社帰りにこうしてのんびり観光することになるなんて…
あの頃は考えもしなかったなあと思いながら、夜の仲見世通りを歩きました。

IMG_3464.jpg

浅草寺はライトアップされていて、仲見世通りもまだちらほら開いているお店がありました。
外国から来た観光の人々や学生らしき人、会社帰りの人も結構いました。

夜も賑やかなんだなと思いながら浅草寺で参拝し、
おみくじで人生初の凶を引いて愕然としつつ、きっちり結んで帰りました。うぬぬ。

お土産にあげまんも買いました。
確か10年前にお土産に買ったのと同じお店です。

浅草はお寺が密集していて、昔はいろんな神様に会える
神様のデパートのような場所だったと何かで聞いた覚えがあります。

今でいう超大型複合施設?
神様の事も合理的に考られる、日本人の自由さが大好きです。
これってある意味ユニバーサルデザインと言えるんじゃないだろうか…

たった一時間半でしたが、なかなかに充実した観光ができました。

また定時に上がれたら、どこか観光して帰りたいな!
スポンサーサイト

伊豆旅行Ⅱ

忘れないうちに伊豆旅行二日目。

一日目の深夜はありえないくらいの盛り上がりを見せたのですが、
その影響を大きく受けたのか、二日目はわりとローテンションで進みました。

あいかわらずノープランだったので、
とりあえず泊まった旅館の最寄り駅である伊東駅からバスに乗り、
伊豆高原の大室山へ向かいました。

大室山は、噴火山だそうで、リフトに乗って5分ほどで
山頂へ登れるようになっていました。

山の上は日差しが当たって、地上よりも暑く感じましたが、
時折白い霧が横を通って冷たい風を運んでいました。

でもよく考えてみたらそれは雲だったことに気づきました。

今、自分は雲の中にいるんだ!と思うとじわじわと感動してしまって、
三人で山の上のベンチでしばらく何も言わず
ぼーっとしてしまいました。

みんなそれぞれで感動とかいろいろ噛み締めてたんだと思います。
傍から見ると大丈夫?って姿だったかもしれませんが。

IMG_3337.jpg
雲の中から、街を見下ろす


IMG_3404.jpg
伊豆大島が、まるで空の上にぽっかりと浮いているように見えました。
これこそ本物の空島だ!とはしゃいでしまいました。
(中央にうっすら見える細長いのが伊豆大島です)


この後、テディベアミュージアムに行ったり、
城ヶ崎海岸の門脇つり橋に行ったりして、
7時頃に城ヶ崎駅から東京へ戻るため汽車に乗りました。


非日常、楽しかったです。
でも日常があるからこそ非日常になるだよね。
まあ、定期的にこの会は開催していきましょう、という
次回開催を固く誓って旅は終わりになりました。

伊豆旅行

この連休に、会社の先輩と3人で伊豆旅行に行ってきました。

旅の副題は「現実から一旦遠ざかってみようの会」です。


…この子たち現実大丈夫?という感じですが。


一泊二日のほぼノープランな旅でしたが、
先輩の所持していたiPhoneのおかげで
さくっと検索しつつ予定を決めるという、
なかなか新時代な旅ができました。

現在地から目的地がすぐわかるし、
これからは道に迷うなんてこともなくなるのかな。

それはそれで寂しいような。


一日目は東海道線でのんびり熱海まで向かい、そこから船に乗って初島へ行きました。

船に乗って島へ向かうという流れがもう非日常的で、
見渡す限りの青い世界を見ていると
「世界はサファイアでできている」という以前この記事に書いた伝説も
素直に納得できる美しさでした。

→ 以前書いた記事 「サファイア」

IMG_3336.jpg
初島から熱海へ向かう船の上から。

黒山三滝へ

今さらですが、ゴールデンウィークに家族で越生にある黒山へ行きました。



小さい頃に何度か行ったことがある山で、父と母は結婚する前にもデートで行っていたみたいです。





父と母は、当時はデートでよく山に出かけたらしいです…
母は早朝に起きて、必死に二人分のお弁当作りに励んだとか。


…自然派カップルだな…





この日も、母はお弁当作りや洗濯などがあるため4時起き、私と妹は5時起き(本当は母を手伝うため4時に起きるつもりが二人して寝坊した)、父は6時に起きて準備をし、7時に家を出ました。




曇ったり日が差し込んだりの繰り返しの天気でしたが、それが歩いて汗のかいた体には適度で気持ちがよかったです。





おかげで私の大好きな、緑とそれにあたる光の写真がたくさん撮れました。



本当につくづくそれしか目がいかないんだなと感じました。
気づくと光に当たった葉や木ばっかり撮っていて、うっかり家族を写すことを忘れそうでした。




でも私は記録担当なので、途中からは忘れずしっかり撮っておきました。






父は昆虫図鑑担当(昆虫が出てきたら名前を教えてくれる)、母は植物図鑑担当(同様の意味)、妹は飲み物担当(みんなの飲み物を持ってくれてた)と仕事が割り振られていました。


歩きながら勝手に決めただけですが。






途中普通に車道を通らなければならなかったり、山頂が車と店の多い賑やかな場所になっていたりと残念な点もありましたが、やっぱり緑に囲まれた道を登っていくのは気持ちがよかったです。




ビデオもたくさん撮りました。
帰ってから見直すと、最初と最後のみんなの疲れ具合の違いがわかりやすく表れていて、おかしかったです。


普段こんなに歩かないから、案の定次の日は筋肉痛になりました。




DSC08412.jpg





DSC08143.jpg




光って木々の美しさを出すのに最高の演出をしてくれると思います。



私も光合成したいなあ。

奈良・京都レポート その4

あれ?
学校に提出するレポートのためにまとめようと思って書き出した奈良・京都レポートなのに、肝心のレポートの提出期限に間に合わなそうになってきました。



そろそろ提出するレポートについて構想練らないと危なくなってきたのに、まだ何も浮かんでない!



とりあえず細かいところは省きつつ、続き行きたいと思います。




全文を表示 »

奈良・京都レポート その3

まだまだがんばります!
旅行レポート、今回は法隆寺・中宮寺・法輪寺です。


全文を表示 »

奈良・京都レポート その2

飽きちゃう前に、旅行レポート更新行きます!


全文を表示 »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

笛吹きコフカ

Author:笛吹きコフカ
モノ、色、コトバ、デザインについて、感じたこと、考えたことなどを新鮮なまま冷やしておいておくところです。

年齢:1986年生まれ
性別:
特徴:
印刷広告会社で、デザインの仕事をしています。学生の頃に比べて、美術館に行く回数も、自主制作の機会も減ってきた気が…
なんとかしなくちゃと思っている今日このごろ。


来て頂いてありがとうございます。
初めて来てくださった方は、カテゴリーの 冷凍庫のメモ から見てくださるとうれしいです。

過去記事でも受け付けてますので、
コメントいただけると喜びます。
このブログはリンクフリーです。
もし教えていただけたら、喜んで遊びに伺います!
since 2006.8.1

カテゴリー

月別アーカイブ

最近保存したもの

最近のコメント

おともだち

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。