2007-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モネ展

少し前になりますが、ずっと行きたかった、モネ展に行ってきました!




雷雨の日曜日に行ったのでそれなりにすいているだろうと思っていましたが、とんでもなく混んでいました。


チケットを買って、列に並ぶと15分待ちでした。
展覧会で待つなんて初めてで驚きました。
みんな雨の中でも来るんだなあ…




中に入ってからも人が多くて、じっくり見るのに時間がかかり、結局3周して4時間くらい中でうろうろしていました。




人が多い中でも、額縁の中は美しい世界が広がっていて、会場の混み具合と絵の中の世界のギャップがおもしろかったです。


ここからはまたいつもの展覧会の感想です。
読んでいただける方は、続きからご覧ください。



全文を表示 »

スポンサーサイト

梅雨

雨の日はなかなか好きになれないけれど、秋の雨が続く日に比べれば、梅雨の時期の雨は嫌いじゃありません。


あくまで比べれば、なので、うっとおしいと思ってしまうときもありますが、梅雨の時期はアジサイがとてもきれいに見えるので好きです。


アジサイを庭に植えている家って多くて、しかもアジサイにはたくさんの種類が存在するので、雨の中でも少し歩くだけで様々な種類を見ることができて楽しいです。





ただ今年は雨が少なくて、なんだかしぼんで見えることが多くて少し残念でした。


このまま夏になってくのかなあ…





ちなみに雨を好きになろう!という以前の記事
→ 「レーゲンターク」





それにしてもなんで梅雨って「梅の雨」って書くんだろう?


考えてみればきれいな言葉です。


言葉からは、じめじめしたイメージよりも、さわやかできれいな印象を受けます。





調べてみたら、諸説あるらしくて詳細はわからないようでした。



そのいくつかの説の中で気になったのが、中国での語源です。



なんでも、もともとは「黴(かび)の生える季節=黴雨(ばいう)」だったとか。




!!!
カビー!!!




それではあまりにも印象が悪いために、この時期に実ができる同音の「梅」という字が当てられたそうです。


…気づいてくれてよかった。




ただでさえじめじめした季節に、カビの雨なんて表現をつけられたら、この季節が本当に憂鬱な時期になりそうでした。


「梅雨」というさわやかな言葉になったのは、じめじめした時期に、言葉だけでもさわやかな気分になろうと思ったからかもしれません。




「梅雨」って音もきれいだし、日本らしいにおいがしていいなあと思います。




…なんだか梅酒が飲みたくなってきちゃった。
(梅つながりなだけです)

タンポポ

20070627181455
ふわっとしてるのに力を感じる、不思議な球体だなあと思います。

色探しⅡ

トゲトゲ

家で見つけた色。
写真クリックで拡大します。




白に、緑の葉と赤いとげの色合いが好きです。


思いっきりピントを手前によせたら、今にも襲い掛かってきそうな恐ろしい写真になってしまいました。


手前のトゲが、まるでこっちに伸びてくる手のようですが、この子にも葉にはホコリがついてます。



ちなみに以前のホコリの子 → 「色探しⅠ 」



この写真も、ホコリがないよりはあったほうが、怪物っぽさが出ていいんじゃないかな。
(適当)

スパゲッティ巡りの旅 Ⅷ

前の彼とは違うけれども、それでも限りなく近い彼を見つけました!


突然何の前触れもなく目の前から消えてしまって、それでも忘れることができなくてずっと似た人を捜し求めていたけれど、なかなか彼を超える人には出会うことがなくて…つらかったです。






新しい彼の名前は
「モッツァレラのトマトソース」!!





このアホな旅に付き合ってくださる方はこちらもご覧下さい。
→ 好きな食べ物シリーズⅢ
→ スパゲッティ巡りの旅 Ⅰ
→ スパゲッティ巡りの旅 Ⅱ
→ スパゲッティ巡りの旅 Ⅲ
→ スパゲッティ巡りの旅 Ⅳ
→ スパゲッティ巡りの旅 Ⅴ
→ スパゲッティ巡りの旅 Ⅵ
→ スパゲッティ巡りの旅 Ⅶ




(こんなに巡ってたんだ…)




新しい彼は、最近見つけた「カジュアルイタリアン」と評されるようなおしゃれなお店で見つけました。


ドナの味とはまた違うのですが、その違いを埋めてくれるくらいモッツァレラチーズが大量に乗っていました。



ドナは量が多くなかったので、最初のほうはケチって食べないとすぐなくなってしまうのですが、このスパゲッティは初めてモッツァレラチーズが余ってしまうというこれ以上ない幸せを体験させてくれました。


久しぶりに感動できるスパゲッティに出会えて幸せでした。






ただ…夜のみのメニューなのが最大の欠点です。
ランチならちょくちょく行けるけど、夜はなかなか都合をつけないと行くことができません。




気軽に会いに行けるような人ではなかったみたいです。
(値段も高いし)






ドナを忘れさせてくれるスパゲッティに会える日は来るのかなあ…

Life Is Beautiful

DSC03541.jpg

世界って美しい…!!!







…すみません。課題提出したばっかりで浮かれています。




今回の課題は今までで一番追い込まれました。
課題じたいの量の多さもありましたが、自分の計画性のなさに改めて反省させられました。


今週は、日曜の夜から金曜の講評の日の朝まで、合計して7時間しか寝られませんでした。


その分電車で睡眠補給はしていましたが、生まれて初めて栄養ドリンクに頼る生活を体験しました…



間に合わなくても自分にしか責任は返ってこないし、仕事をしている方と比べたらその重さは全然違うんですけど…
やっぱり作業の早さは大切です。


そもそもスタートダッシュの速度が遅いんだよな。
これからはエンジンをもっと早めにかけよう。
(課題後のいつもの感想)




写真は、今回の課題で作った模型の一部です。
課題は「夫婦の家」を提案するという内容で、これはその寝室です。




ああ終わってよかった。



夢だけど

昨日、四葉のクローバーを見つけた夢を見ました!

…何かいいことあるといいな!

藤森建築と路上観察

藤森建築と路上観察

この前、東京オペラシティ アートギャラリーでやっている、
「藤森建築と路上観察」展に、学校帰りに行ってきました。




本当は国立新美術館の「モネ展」を見に行きたかったのですが、予想していたよりも学校を出るのが遅くなってしまたので、19時までやっているこちらに行くことにしました。




実は藤森照信さんは名前を知っているだけで、あまり詳しく知らなかったのですが、路上観察学会については興味があって知っていました。


路上観察学会とは、以前ここの記事にも書いた、「超芸術トマソン」を定義した赤瀬川原平さんが参加している団体のことです。


以前の記事
→ 「純粋階段」
→ 「トマソン」





受付の人が親切な方で、5時55分に着いたら「あと5分で料金が半額になりますよ」と教えてくれました。


学生800円のところを400円で見れたのでとってもお得でしたが、私は展覧会は何周かするタイプなので、一周しかできなかったのは残念でした。


展覧会の感想は長くなりそうなので、読んでいただける方だけ続きからどうぞ。



全文を表示 »

好きな広告1

20070608231249
少し前のものですが、この広告、さわやかで好きです。

留学生

20070607223244



今うちにホームステイに来てる子です。



数週間前、母が我が家の玄関の前で弱っているのを見つけました。
体長3㎝ほどの小さいコクワガタです。



毎年暖かくなると、近くの林からうちの玄関にカブトムシやクワガタムシがやってくるのですが、男の子が訪ねてくるのは久しぶりです。




母はさっそく「くわちゃん」という直球な名前を付けて、ケースにクワガタ用の餌を用意してました。


仕事から帰るなり「今日のくわちゃんどうだった?」と松坂投手の調子を聞くように言うので、私には桑田投手の顔しか出てこないんですけど…

母にそんな気はないみたいです。


暖かい日が続くようになるまで、しばらくうちに滞在してもらう予定です。

ゲドを読む。

ゲドを読む。



手に入れました!!



110万部限定配布で、フリーペーパーなのに208ページもあって、おまけにブックデザインが佐藤可士和さんといわれると…欲しくなるのもしょうがないです。


家を早めに出て、開店直後のお店をねらってもらってきました。


色は青がよかったのですが、他の配布予定のお店を回っても置いてなかったので、品切れちゃったみたいです。



今読んでるとこですが、確かにもう一度映画が観たくなってきました。




…まんまと戦略に乗せられてるなあ…


一期一会 一人目

ケータイから、電車やバスで出会って印象に残った人について、のせていこうというシリーズです。


一人目は、バスで出会った3歳くらいの女の子です。
お母さんと一緒に前の方に座って、運転手さんと会話していました。




運転手「発車します。おつかまり下さい。」
女の子「は~い」


運転手「次停まります。お降りの方はバスが止まってから席をお立ち下さい」
女の子「は~い」




小さい頃は私も返事をするよう厳しくしつけられましたが、バスの運転手さんにまで返事をしようとはしませんでした。


それなのに、この子はなんて素直ないい子なんだろ…(若干声のボリュームに問題はありましたが)



でもいつもは誰も答えてくれない運転手さんの車内への呼びかけも、返事が入ると暖かく聞こえてきてなんだか微笑ましかったです。



返事を返すって大事です。

初夏の水田

大好きな5月がいつのまにか終わっちゃった…




課題に追われてやりたいことが達成できないまま日々が過ぎているようで、もったいないなあと思います。


いつ何が起きても後悔しないように、やっぱりやりたいと思ったことは行動にうつさないと!





…ということで、とりあえず今日はずっとやりたかった「初夏の水田を見に行く」というのを実行してきました。


小さい希望ならすぐに叶えられてお得です。
家から自転車で5分くらいの、小学校近くの田んぼへ向かって写真を撮って、うろうろしながら帰ってきました。


その間30分くらい。





でも家に引きこもっている30分とは明らかに濃さの違う時間でした。



収穫物↓



初夏の水田





ここは家から近いとはいっても、駅とは違う方向で、とくに目的がなければ行かないところにあるので、一時期は本当に遠ざかっていました。


でもポタリングという散歩を知って、最近では天気のいい日に気晴らしに出かけるようになりました。





田んぼは小学生のときは毎日見ていたので何とも思うこともなかったのですが、改めて眺めると本当にきれいです。


次は収穫前の、成長してふさふさになった水田を見に行きたいな!!






…欲をいえばそのあと田んぼの上をねこバスで走り抜けて行きたいという願いもあるのですが、今の私にはもうトトロもまっくろくろすけも見えなくなっちゃったかな…
(そういう問題じゃない)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

笛吹きコフカ

Author:笛吹きコフカ
モノ、色、コトバ、デザインについて、感じたこと、考えたことなどを新鮮なまま冷やしておいておくところです。

年齢:1986年生まれ
性別:
特徴:
印刷広告会社で、デザインの仕事をしています。学生の頃に比べて、美術館に行く回数も、自主制作の機会も減ってきた気が…
なんとかしなくちゃと思っている今日このごろ。


来て頂いてありがとうございます。
初めて来てくださった方は、カテゴリーの 冷凍庫のメモ から見てくださるとうれしいです。

過去記事でも受け付けてますので、
コメントいただけると喜びます。
このブログはリンクフリーです。
もし教えていただけたら、喜んで遊びに伺います!
since 2006.8.1

カテゴリー

月別アーカイブ

最近保存したもの

最近のコメント

おともだち

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。