2009-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業制作

先週、無事に卒業制作の提出を終えました。




先生には、一生に一度の卒業制作、誰に聞かれても恥ずかしくないように、精一杯自分を出し切れと言われてきました。





無事に提出を終え、今は自分の中にあるすべてを出し切ったという爽快感と、こうしておけばよかったという後悔が、ぐるぐると自分の中を行ったり来たりしています。





でも終えてみて思うのは、私にとって卒業制作とは
「思いっきり自分のやりたいことだけを考えて暴れまわれる、最高に贅沢な期間」


だったということです。






誰に制約されることなく、制作に恵まれた環境で、
助言をもらいながらひとつの作品を仕上げることに集中できるっていう…



これはもう味わえない贅沢かもしれないなあ。






時間がなくて辛かったし、日々何かに追われる生活だったけど、
それは充実してたっていうことなんだろうなあと…
本当に幸せな時間だった。








集中しすぎて周りが見えない自分を、許して支えてくれた家族にも本当に感謝しています。


恐らく、家族はどんなにイラっときても「卒業がかかってる」ということで、その感情をなんとか堪えてきたと思います。



…手伝い怠りまくってすみませんでした。





今度は卒展に向けて、足りなかった部分を補充していくつもりです。








内容は、簡単に言うと、私の地元である埼玉県さいたま市の、緑の保全計画です。



…というと堅苦しいんですけど、あくまで美大生なので、
専門的な数字や研究を中心に取り組んだわけではありません。(できません)





そのきっかけを知ってもらい、様々な人々に環境のメッセージが届くようにと、絵本とパンフレット、模型という形で提出しました。





きっと、ここが私の原点なんだろうなって感じながら制作しました。
コンセプトも、土地も、表現手法もすべてひっくるめて。




この課題のおかげで、あまり好きではなかった地元の魅力を
たくさん発見することができ、地元が大好きになりました。



ボランティアの方や博物館の方などにもたくさんお世話になって、
できれば私も、これから一緒にお手伝いをしていきたいと考えています。







これからは私も、地元を大切に考えていこう!




…就職先は東京だけど!


スポンサーサイト

返す言葉

最近、小さな子どもの会話を盗み聞きする、という楽しみを見つけました。


…こう表現すると怪しいけど。




今日聞いた会話。


本屋の中に響く大きな声で、
「おかーさーん!鼻でたー」と、男の子がお母さんを呼んでいました。


お母さんは小声でハンカチを渡していました。


その子は、借りたハンカチで鼻水を拭き取ると、


「お返しします!」


と、またよく通る声でハンカチを返していました。




想像していた返し方よりあまりに丁寧だったので、ちょっと驚きました。





どこで覚えたんだろう。
かわいいなあもう。

エサやり

この前あったできごと。



朝食を終えて、食器を片付けているときのことです。


私は使った食器を、食器洗い機に入れていました。
我が家の食器洗い機には、「ヘルパーさん」という名前がついています。


我が家の家電の名前について載せた記事はこちら
「コトダマ」






すると母が一言。


「あ。ヘルパーさんのエサ買ってこなくちゃ」



「????」



しばらく考えてしまいましたが、エサとは食器洗い機の洗剤のことでした。





…いやまあ、スプーンで小瓶からすくって入れる、という動作は、確かに熱帯魚のエサをやる感覚に近いけど…






ある意味素晴らしい発想力に、朝から驚きでした。






でもエサあげてすぐ「さあ動け」って電源を入れる動作が…


なんだか申し訳なく思うようになってしまいました。

復活しました

お久しぶりです。
コフカです。




何も言わず、突然ブログを休止してしまって、すみませんでした。


ちょっと行って帰ってくるつもりが、なかなか抜け出せなくなって、
こんなに時間が経ってしまいました。





…素直に明かすと、就活とか卒制とか、
肉体的にも精神的にも疲れがちな日々が続いて、
なかなか更新できずにいました。


一言お休みすることを言っておくべきだったのに…



ごめんなさい。




数少ない、それでもここに訪れてくれる私の大切な人たちに、
ブログを続けてきた自分に、申し訳ないことをしたなと思っています。


素直に反省しつつ、恥ずかしながらブログは続けていこうと思っています。





だってね、急に不況になって就活はピンチだし卒制は時間足りないし引越しすることになるし(以下略)



…反省してます。




…正直、今まで毎日してきた小さな発見が、
忙しくなったこと(というか忙しいという自己暗示)のせいで見つけられなくなってきて、ここに来るまでの何ヶ月間はブログを書こうという意欲が起きなくなってしまいました。


やらなければいけないことしか見えない、心の狭い生活になっていたと思います。
反省。



それが、一段落してきて、周りの風景が目に染みてくるようになりました。


赤一色しか見えなかった目が、だんだん他の色も見えるようになってきたようなイメージというか。


一色しか見えない景色も、それはそれで貴重な経験になったと、
後になって少し思う部分もありますが…


できれば、同時に多くのものを吸収できる目を、心がけていきたいと思います。





書きたいことはたくさんあります。


最後の春休み、悔いの残らない素晴らしい日々が過ごせるように。




こんな不定期ブログですが、どうぞよろしくお願いします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

笛吹きコフカ

Author:笛吹きコフカ
モノ、色、コトバ、デザインについて、感じたこと、考えたことなどを新鮮なまま冷やしておいておくところです。

年齢:1986年生まれ
性別:
特徴:
印刷広告会社で、デザインの仕事をしています。学生の頃に比べて、美術館に行く回数も、自主制作の機会も減ってきた気が…
なんとかしなくちゃと思っている今日このごろ。


来て頂いてありがとうございます。
初めて来てくださった方は、カテゴリーの 冷凍庫のメモ から見てくださるとうれしいです。

過去記事でも受け付けてますので、
コメントいただけると喜びます。
このブログはリンクフリーです。
もし教えていただけたら、喜んで遊びに伺います!
since 2006.8.1

カテゴリー

月別アーカイブ

最近保存したもの

最近のコメント

おともだち

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。