FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色見本その参拾

ついに、色見本の数も三十色になりました!





こんなに続けられるとは思ってなかったので、少し驚いています。


色名調べるのっておもしろいなあ。








記念すべき三十色目は、風変わりな色を選びました。




生壁色 なまかべいろ







…ぬりかべ?



第一印象は、灰色のでっかいこんにゃくみたいな妖怪でした。




だから…灰色っぽい色かな。




答えはこんな色でした。













あ、あー…




イメージとだいたい似ているといえば似ているけれど、なんとも言えない微妙な色です。





こういう色って、パレットに残った色全部混ぜるとできたりします。


いろんな色に白が混ざって、ちょっと濁りの入った色。






単体で見るとぱっとしないけれど、他の色との組み合わせによっては甘さを出してくれたりして、個人的には好きな色です。





この生壁というのは、そのまま生の状態の壁からきているそうです。


水と土を練ってつくった壁土が、まだ乾かない状態の色だとか。




ああ…確かに、水分を多く含んでそうな色です。






でもこれは壁の色をさすためにできたわけじゃなく、染色のために使われた色名だそうです。





…染色なのに壁の色?






「生壁色の着物」って言ったりもするのか。


漢字だけ読むと重たそうな印象です。



斬新…といえば斬新なのかな。




乾ききってない壁から名前をつけるなんて、どういう発想だろう。



日本語の色名で、植物でも人名でもない無機質なものから色名が付けられるというのは珍しいことだそうです。


でもなぜかこの色、けっこう人気があったみたいで、このほかにも藍生壁とか江戸生壁とか利休生壁、といろいろ応用されたとか。





藍生壁…
ちょっとかわいいな。



なまかべいろって言い方は、親しみやすいというか、発想しやすい分、暖かくて優しそうな感じです。






あ、そうかこの感じかな!
この庶民っぽい親しみやすさが今日までこの色名が続いてきている理由かも。




そう思うとなんだか愛着が湧いてきた…


なんであったかそうに聞こえるのかなー。





分厚い壁でも想像してるからなのかな…守られてるイメージ?






知れば知るほど味の出てくる、するめみたいな色名でした。



● COMMENT FORM ●

ご無沙汰している間に、色見本が増えてます^^
嬉しいです。(^ー^* )フフ♪

「生壁色」とは、面白い名前の色ですね。
色は本当に名前のまんまって感じだけれど。(笑)

この色に染められた着物を想像したら、
品のいい好好爺が着ていそうだなぁって^^
実はつい最近ドラックストアで見かけた
ヘアカラーの見本で、丁度こんな色があったんですよ?
髪の毛を、この色に染めるのはちょっと勇気がいりそう…、
というのが第一印象でした。(笑)
染めるモノが違えば印象も変わるんですね。
不思議です。

ありがとうございます^^*
本当ですね!
着物だと思うと品のあるおじいさんを想像できるのに、この色に髪を染めた人を思うと、一気に若者のイメージになります;
ヘアカラーの色を見てると、和声英語でかわいい茶系の色名がたくさんあってよく考えるなあと思うんですけど、日本語の色名ってあまりないですよね。
でも仮に「生壁色」のヘアカラーがあったとしても売れないかな(笑;
その色の対象が違うだけでも印象が変わるし、同じような色でも名前が違うと変わるし、色っておもしろいなあと思います^^

はじめまして。

はじめまして(^^)/
色名おもしろいですね。絵を描くことに、最近興味を持ち始めています。また読ませてください~(^^)

はじめまして!ありがとうございます。
色名は、調べてみるといろいろ想像が膨らんで、ほんとおもしろいです。
これからも少しづつ色見本を増やしていこうと思っているので、よかったらぜひ読んでください(^^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikorinoreitouko.blog55.fc2.com/tb.php/219-ab0e802b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

のこりもの «  | BLOG TOP |  » 冬が秋

プロフィール

笛吹きコフカ

Author:笛吹きコフカ
モノ、色、コトバ、デザインについて、感じたこと、考えたことなどを新鮮なまま冷やしておいておくところです。

年齢:1986年生まれ
性別:
特徴:
印刷広告会社で、デザインの仕事をしています。学生の頃に比べて、美術館に行く回数も、自主制作の機会も減ってきた気が…
なんとかしなくちゃと思っている今日このごろ。


来て頂いてありがとうございます。
初めて来てくださった方は、カテゴリーの 冷凍庫のメモ から見てくださるとうれしいです。

過去記事でも受け付けてますので、
コメントいただけると喜びます。
このブログはリンクフリーです。
もし教えていただけたら、喜んで遊びに伺います!
since 2006.8.1

カテゴリー

月別アーカイブ

最近保存したもの

最近のコメント

おともだち

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。