FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の消えた世界

今日、テレビのチャンネルを回していたら、「人間が消滅したあとの世界」についてやっていました。




それによると、5年でアスファルトは緑で埋まり、そのうち川が流れて、動物たちが今の街のある場所を歩き周るという、どんどん原始の地球の姿へ戻っていくそうです。



建造物もどんどん崩れて、かろうじて残ると考えられるのは万里の長城やエジプトのピラミッドなどの古くからあるものだそうです。



同じように紙もデータもフィルムもそのうち風化してしまって、古代の壁画などのもののほうが長く残るんだとか。






今もし文化が途絶えて、遥か遠くの未来で人間のことを知ろうと思う存在が現れたら、現代の様子はもしかしたら伝わることもないのかもしれないなあ。






それにしても人間が消えてたった5年で緑の覆われた世界に変わるのが驚きました。




植物は本当は生命力の強い生き物なのに、いかにそれを人間が抑えているかってことなのかもしれません。





人間の近づかなくなった場所の例として、番組ではチェルノブイリが出てきていました。


そのあたりは20年くらい人の入らない状態が続いているそうですが、そこのスタジアムの中が緑の生い茂った森のようになっていました。



その姿は、けっこう迫力あるものでした。


人間の力よりも植物の生命力の強さが圧倒的に強くなっている世界って、馴染みがない分、緑の力強さを感じました。






私は自然は強くて美しいもの、という認識しかなくて、恐れを抱く対象として見たことがありません。


そもそもそれが、地球に住む生き物として間違っているのかもしれない…






番組の最後15分程度見ただけですが、久しぶりにまじめに考えさせられました。


昼寝のあとの寝起きという、傍から見たらまったくまじめじゃない風貌でしたが。





今日はちょっと寝すぎたなあ。



まだ私の中に寝ることで育つ部分が残っていれば無駄ではないのかもしれないけど、もう今までの人生で充分寝てしまった気がします。






…あれ、地球の緑の話をしていたのに、着地点が自分の惰眠についてになってしまった…

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikorinoreitouko.blog55.fc2.com/tb.php/270-20d9aed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

屋上庭園 «  | BLOG TOP |  » マジックアワー

プロフィール

笛吹きコフカ

Author:笛吹きコフカ
モノ、色、コトバ、デザインについて、感じたこと、考えたことなどを新鮮なまま冷やしておいておくところです。

年齢:1986年生まれ
性別:
特徴:
印刷広告会社で、デザインの仕事をしています。学生の頃に比べて、美術館に行く回数も、自主制作の機会も減ってきた気が…
なんとかしなくちゃと思っている今日このごろ。


来て頂いてありがとうございます。
初めて来てくださった方は、カテゴリーの 冷凍庫のメモ から見てくださるとうれしいです。

過去記事でも受け付けてますので、
コメントいただけると喜びます。
このブログはリンクフリーです。
もし教えていただけたら、喜んで遊びに伺います!
since 2006.8.1

カテゴリー

月別アーカイブ

最近保存したもの

最近のコメント

おともだち

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。