FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

努力

友達がグループ展をやっているというのを聞いて、この前のぞきに行って来ました。



場所は小さなカフェで、他にも学生の作品やフリーで活動している方の作品が置いてあって、アートカフェと言うのか手作り感のあるアットホームなお店でした。



友達は夏休みを費やして労作を仕上げていて、作品からは彼女のオーラが出ていました。


ちゃんと作品が彼女の分身になってメッセージを伝えていました。



これって、当たり前のようで本当は時間と労力をかけないと出てこないものだと思います。


なんとなく作り手の雰囲気を出すことはできたとしても、そこにメッセージをのせて人に伝えるのって独りよがりになりがちだし空回りしたりもすると思うんですけど…


ちゃんとまっすぐ前を向いてる作品でした。
頑張ってるなあ…私も見習わないと。




で、そこで最近気になっている「芸術って何?」質問を彼女にも聞いてみました。


いろいろ話しているうち、彼女が最近感じていることが私とはまた違った視点でおもしろいなと思いました。




友達は、努力についてよく考えているそうです。


自分は努力して努力して頑張って作品を作っているけれども、周りを見るともっと努力して作品を作っている人がいるそうです。


そういう人を見ると自分ももっと頑張らないと、って励まされるけれど、逆に自分から見て全然努力しているように見えない人もいるそうです。



そういう人を見ると腹立たしくもあるし、グループ作業のときはそれが仕事として問題も出てくるのだけれど、もしかしたら自分より努力している人から自分を見たら同じように腹立たしい思いをしているのかもしれない…



そう思うと努力って人によってメーターに差があるなあと感じるそうです。



…確かに。



で、友達は、人が作り出す芸術っていうのは「努力したもの」なんじゃないかと思ったそうです。



こんなんでまあいいだろう、と思って作った作品には芸術とは言えないんじゃないか、時間と想いをかけて作ったものが始めて芸術になるんじゃないか…


みたいなことを言っていました。
確か。




時間を理由に妥協してきた経験を多く持つ身としては、なかなか耳が痛い話でしたが、確かに作り手に想いのない作品なんて芸術とは言えない気がします。



…結局、お互い
「…卒制がんばろうね…」
という結論に至りました。



そうだね、頑張ろう。
この時期、結局はここにたどり着くんだよね…



● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikorinoreitouko.blog55.fc2.com/tb.php/285-91cbaa93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大胆に繊細に «  | BLOG TOP |  » 自分の時計

プロフィール

笛吹きコフカ

Author:笛吹きコフカ
モノ、色、コトバ、デザインについて、感じたこと、考えたことなどを新鮮なまま冷やしておいておくところです。

年齢:1986年生まれ
性別:
特徴:
印刷広告会社で、デザインの仕事をしています。学生の頃に比べて、美術館に行く回数も、自主制作の機会も減ってきた気が…
なんとかしなくちゃと思っている今日このごろ。


来て頂いてありがとうございます。
初めて来てくださった方は、カテゴリーの 冷凍庫のメモ から見てくださるとうれしいです。

過去記事でも受け付けてますので、
コメントいただけると喜びます。
このブログはリンクフリーです。
もし教えていただけたら、喜んで遊びに伺います!
since 2006.8.1

カテゴリー

月別アーカイブ

最近保存したもの

最近のコメント

おともだち

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。